施設の開館やイベントの実施などについては、新型コロナウイルスの感染拡大の状況によって、変更等となる場合があります。最新の情報は各公式ホームページ等でご確認いただきますようお願いします。

母子・父子・寡婦福祉資金

[概要]

ひとり親家庭等のお子さんの福祉を向上するため、お子さんの就学、就職、または知識技能の習得に必要な資金を貸し付けます。また、ひとり親家庭等が経済的に自立して安定した生活を送るために必要な資金を貸し付けます。なお、貸付にあたっては審査があります。

<修学資金>
高等学校・大学(院含む)・高等専門学校又は専修学校に就学させるための授業料、書籍代、交通費等に必要な経費

<就学支度資金>
お子さんが小・中学校、高校・高専、短期大学・大学及び修業施設に入学するために必要な入学金などに必要な経費

<技能習得資金>
事業を開始し、又は就職する際に必要な知識を習得する際に必要な知識技能を習得するために必要な経費

<修業資金>
お子さんが事業を開始または就職するために必要な知識技能を習得するために必要な経費

<就職支度資金>
配偶者のいない女子、又はお子さんが就職する際に必要な経費、通勤用自転車購入費用経費

<事業開始資金>
事業を開始するのに必要な経費

<事業継続資金>
現在営んでいる事業を継続するのに必要な経費

<医療介護資金>
母・父・寡婦及びお子さんが医療または介護(当該医療または介護を受ける期間が1年以内の場合に限る)を受けるために必要な経費

<生活資金>
技能習得中、失業期間中、医療もしくは介護を受けている間、又は配偶者のない女子となって7年未満の不安定な母子家庭等が生活を安定・維持するのに必要な経費

<住宅資金>
住宅補修、増改築又は建設、購入するために必要な経費。本人が居住し、かつ原則として保有する住宅が対象となります。

<転宅資金>
住居の移転に際し、敷金など必要な経費
※申請の前に、契約や支払をされた場合は貸付の対象となりませんので、お気をつけください。

<結婚資金>
お子さんの婚姻に際し必要な経費

[支給内容]

貸付金の種類により、貸付限度額、据置期間、償還期間が異なります。下記の北九州市サイトの『貸付金一覧表』のPDFよりご確認ください。

[対象者]

  • 母子家庭の母、母子家庭の父で20歳未満のお子さんを扶養している人、又はお子さんご本人
  • 父母のいない20歳未満のお子さん
  • かつて母子家庭の母としてお子さんを扶養していたことのある人、又はその扶養にあるお子さん
※貸付金によって対象者が異なるため、担当課までお問い合わせください。
子ども家庭局子育て支援課 
電話:093-582-2410

[申請できる人]

対象となる方ご本人

[申請期日]

随時

[手続きなど詳しくは]

「母子・父子・寡婦福祉資金(北九州市サイト)」をご覧ください。

母子・父子・寡婦福祉資金(北九州市サイト)

子育て応援情報

「子育てマップ北九州」をシェアしよう
  • つぶやく